850_200AVTO.JPG - 55,800BYTES

 

肌のためにはまず睡眠のサイクルが大切

./img/A1380_001410.JPG - 19,212BYTES睡眠のサイクルを調整することで、気持ちよく起きることが出来ます。

美肌のためには、朝気持ちよく起きることが大切です。睡眠には、ノンレム睡眠とレム睡眠という2つの睡眠があります。ノンレム睡眠は眠りの深い睡眠のことで、逆に、レム睡眠は眠りの浅い睡眠のことを言います。この2つの睡眠が1時間半ごとに交互にやってきます。
そのため、5時間、6時間半というように、睡眠のサイクルを1時間半の倍数で設定すると、リズムがよくなり、朝の目覚めがよくなります。


理想の睡眠時間は、6時間や9時間といった3時間ごとになることです。というのは、寝始めにやってくるのがノンレム睡眠で、目が覚める準備に入りやすいのがレム睡眠だからです。目が覚めたら、まずは体を起こして、次の睡眠のリズムに入らないようにしましょう。すっきりと起きれるようにするためには、部屋の中を明るくしたり、水を目覚めに一杯程度飲むようにすることをおすすめします。

美肌のために睡眠の正しいサイクルをきちんと理解して、気持ちよく朝を迎えましょう。

 

美肌力アップの秘訣とは??

A0790_001153.JPG - 43,345BYTESポイント@:夜8時以降は、カフェインが含まれている飲み物はできるだけ控えるようにしてください。

紅茶やコーヒー、緑茶などにはカフェインが多く含まれていて、脳を刺激して覚醒させる成分が入っているので、控えましょう。眠りにつく前には、ノンカフェインのハーブティーやホットミルク、そしてカモミールなどの飲み物がおすすめです。

ポイントA:眠気を促す効果があるカモミール、ラベンダー、マンダリンなどのアロマオイルを使ってみることをおすすめします。アロマオイルは、その良い香りでリラックスすることができるので、寝る前に活用してみてください。

ポイントB:寝る前に難しい内容の本を読むといいでしょう。安定を好む人間の脳は、難しいことに直面すると休む方向に働こうとします。そのため、夢中になって読む本は逆に脳が冴えてしまうことになり、活発化されるので、難しい本を読むことをおすすめします。

より良い快眠を得るために、上記のような方法をいくつか試してみるといいと思います。

 

快眠で美しい肌に!

A0960_005184.JPG - 44,458BYTES@少し体温が上がるために軽い運動(息が上がらないくらい)をして、体温が下がり出したときに、ベッドに入ることで、より早く眠りにつくことが出来ます。ここで注意してほしいことは、運動をする際は必ず激しい運動は避けてください。ヨガやストレッチなどがおすすめです。

Aメラトニンは、眠りを促す効果があります。部屋が明るく照明がついていたら、昼間と同じ明るさとなるため、なかなか眠りにつくことができません。逆に、陽が落ちて目に入ってくる光の量が少なくなると、メラトニンの分泌量は増加します。なので、夜眠る前には必ずリラックスタイムをとって、部屋の明かりを暗めに設定するようにしましょう。

B寝るときは、きつい下着やインナーなど、締め付けの原因となるようなものは避けてください。血のめぐりが悪くなって睡眠の邪魔をするからです。必ず靴下も脱いで眠るようにしてください。

C理想的な枕は女性の場合は首の後ろにあたるところが高さ7センチ前後のものです。そして後頭部にあたるところが高さ5センチ前後のものです。

 

美肌を維持するためには、日々の体調管理が大切です。
黒酢サプリには必須アミノ酸や酢酸が含まれていて、健康をサポートする力があります。 

健康的にダイエットをするなら、酵素ドリンクの優光泉(ゆうこうせん)で置き換えダイエットがおすすめです。
いろいろな脱毛サロンの比較は、脱毛サロンの口コミ比較ランキングで調べることができます。
エステなら東洋美容の知恵を取り入れたスリムビューティーハウスがおすすめです。
ネットで人気の定番の育毛剤は、チャップアップ、イクオス、リゾゲインです。